カラーアレルギー、カブレのイメージ画像

「白髪染めでかぶれたらどう対処・対応すればいいの?

「かぶれない毛染めはあるの?」

 

今までは普通に白髪染めしてたら大丈夫だったんです。

いつからか次第に痒みを感じるようになり、その症状が長引くようになりました。

 

最後の方は顔周りや首もとなど赤く腫れたりもしていました。

ついに、かゆみが止まらなくなり、皮膚科に行くことになりました。

その時に皮膚科の先生からカラーアレルギーということを伝えられました。

 

薄々気づいてはいたんですけど、白髪を染めないなんて考えられないので、無理して染めてました。

これからどうしよう・・・

 

友達に聞いたり、ネットで検索したりして色々探しました。

そしてようやく自分に合う白髪染めが見つかりました。

 

それが頭皮ケアもできるカラートリートメントです

このトリートメントに出会えたおかげで、白髪頭を放置せずに済みます。

 

カラートリートメントは頭皮への負担がないので、以前よりも頻繁に染めることができます。

そのおかげで前よりも白髪が目立たない状態をキープできるようになりました。

 

白髪染めでかぶれたらその後の白髪対応に困りますよね。

カラートリートメントはかぶれない白髪染めなので、カラーアレルギーが出た際には大きな助けになりました。

白髪染めでかぶれたらこれで対処!カラートリートメントならかぶれない!

3つの毛染めから1つに絞る

ネットで色々探してる時に思ったんですけど、ヘアカラーにアレルギーがある人ってたくさんいるんですね。

自分がアレルギーを発症するまではそんなこと思いもしませんでした。

でも、そういった人達が色々情報配信してくれてるおかげで、わたしも助かりました。

 

わたしはセルフカラーしてるので、市販のヘアカラーでアレルギー対応できるものを探しました。

候補として上がってきたのは、

  • ヘナカラー
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

の3つです。

 

ヘナは染めるのが大変そうだし、置き時間も長時間だし、面倒なので候補から外しました。

ヘアマニキュアは顔や頭皮につくとしばらく色が取れないみたいなので、不器用な私には無理かなと、これもまた候補から外しました。

 

最後に残ったのはカラートリートメントなんですが、使っている人が多いので、色々情報収集できました。

塗り方や使い方を工夫すれば、案外使える白髪染めということもわかりました。

あと毛染めの後に髪質が良くなるというところにも惹かれました。

 

で、どのカラートリートメントにしようかなと、また色々探してたら、

頭皮ケアができるカラートリートメントを見つけました。

私の髪は細くて猫毛、トップのボリュームが出なくて悩んでいたので、それにすることにしました。

実際に使ってみて

今までの白髪染めだとカラーリング後には髪が引っかかったり、パサついたりしてました。

洗い流さないトリートメントなどでケアをしてようやく落ち着く感じです。

でも、カラートリートメントの後は、トリートメントをしたように仕上がるので嬉しかったです。

 

髪を傷めてるという罪悪感からも解放されました。

以前、白髪染めやってた時は「白髪染めはこんなもの」と思ってやってたですが、今回カラートリートメントをしたことで初めてその気持に気付きました。

髪のボリュームが戻った!

カラートリートメントを使うようになってから髪が痛まなくなったので、思いのほかトップにボリュームが出るようになったんです。

 

美容院に行った時に美容師さんに聞いたんですけど、

これって、カラートリートメントでボリュームが出ている訳じゃなくて、

髪のダメージがなくなったから、髪本来の健康毛に戻って、自然なハリコシが出ている。

ということらしいです。

 

それってすごく良くないですか。

カラートリートメントでボリュームが出ているなら、その商品を使うのをやめると、またボリュームダウンしてしまいます。

でも、髪本来の力が戻ってボリュームが復活しているのなら、その商品に依存しなくても良くなります。

そっちの方が嬉しいですよね。

最初のカラートリートメントは恐る恐る・・・

カラートリートメントを最初に試した時は、まだ頭皮や体のかゆみが残っていた状態だったんです。

だから最初は試すの本当に怖かったです。

 

でも、白髪はどんどん伸びてくるので、染めないと恥ずかしくて外にも出られません。

 

私と同じような人たちがカラートリートメントをして大丈夫だった体験談がたくさんあったので、勇気を振り絞って試してみました。

最初は怖かったので、塗ってから5分ほどですぐに洗い流しましたよ。(笑)

その1回でなんともなかったので、次は安心してすることができました。

カラートリートメントで上手く染めるコツ

カラートリートメントって今までの白髪染めと違って、染まりにくいんですよね。

そこが弱点といえば弱点なんですけど、毎日染めても大丈夫なので、またすぐに手直しができます。

 

色々試した結果、上手く染めるためにはコツがあることも分かりました。

  • たっぷりと塗る
  • 塗った部分が浮かないように押さえつける
  • 置き時間は長ければ長いほど良い

このあたりを意識すれば上手に染められると思います。

カラートリートメント使ってる人は試してみてください。

「髪キレイだね」って褒められました!

最近友達や職場の人から「髪ツヤツヤだね」って言われるようになったんです。

「そんなことないよー」

とか言いながら、やっぱ内心は嬉しいですよね。

 

以前の白髪染めしてた場合は、そんなこと言われたことなかったですよ。

「髪切ったんだ。そのヘアスタイルいいね。」

とかは言ってくれたりもしたことあります。

 

でも、今考えてみると、髪の色を褒められたことはなかったです。

それはやっぱりそういうことだったんですね。(笑)

かゆみやかぶれがなくなった

やっぱり一番大きいのはかぶれないっていうことですね。

 

最近テレビや雑誌でも、ヘアカラーのアレルギーが恐いってことを見たりするようになりました。

その度にビクビクしながら白髪染めしてたんです。

その心配しつつ毛染めするのは本当にストレスですよ。

カラートリートメントなら、そういった心配もせずに染められます。

好きな時好きなタイミングで、染められるようになった

わたしは今、週一ぐらいの頻度で染めてるんですけど、これぐらいの間隔だと、ほとんど白髪がない状態を保てます。

 

前はかぶれや痒みが酷いのもあって、1ヶ月~1ヶ月半ぐらいの間隔で染めてました。

これだと分け目は2cm以上の白髪になってしまいます。

 

分け目見るたびに、がっくりしてしまいます。

白髪が見えると老けるし、疲れたように見えてしまいます。

全然そんなことないのに・・・

 

白髪ない人見ると「あの人いつもきれいだな」って思いません?

わたしもようやくその仲間入りすることができました。

誰に褒めてもらわなくても、やっぱ嬉しいですよね。

今までよりも自信を持って人前に出られます。

まとめ

白髪染めでかぶれたらカラートリートメントで対応することで、白髪染めを続けられます。

カラートリートメントは色々ありますが、頭皮ケアができるタイプが過敏になっているお肌へも安心して使用できます。

 

髪のボリュームに困っている際は、それ対応のシャンプーやトリートメント・毛染めを使うよりも、髪のダメージをなくすことが根本的な解決につながる。

ダメージがない健康毛は、何もしなくても強度があるのでハリとコシが出る。

 

カラートリートメントが染まらないと悩んだら、

  • たっぷりと塗る。
  • 染めた部分が浮かないようにする。
  • できるだけ長い時間を置く。

ことを意識すると上手くいきやすいかもです。

 

最後に、白髪染めでかぶれてしまっても、いずれかの方法ではきっと染められるものがあると思います。

ひょっとしたらカラートリートメントもダメな人もあるかもしれません。

そういった際はヘナやヘアマニキュアを試してみてもいいのではないでしょうか。

自分に合う白髪染めが見つけられない場合はとてもブルーになりますが、諦めないでくださいね。

 

以上、カラーアレルギーでもかぶれない毛染めについてでした。

 

関連記事です。

⇒ 頻繁な白髪染めは要注意!

⇒ 白髪染めぞの頭皮のかゆみは要チェック!

⇒ セルフカラーで頭皮がヒリヒリしみる時は・・・

 

合わせて読みたい