シャンプーのイメージ画像

「オーガニックシャンプーとか体に良さそうなものをとりあえず選んで使ってみたけど、なんかいまいち…」

「シャンプー変えてみたけどそれが自分に合っているのかわからない…」

「結局どういった基準でジャンプを探せばいいの?」

 

シャンプーの選び方で迷ったことありませんか?

これだけたくさんのシャンプーを選べるようになると、逆にどれを選んだら良いのか分からなくなってしまいますよね。

どういう風に選んだら良いのか分からないし、自分に合うシャンプーをあれこれ探すのも結構手間なので、結局は、

  • 価格
  • 香り
  • 手触り

といった基準で選んでしまいがちになります。

それでも大半の人は問題なく使用できるのですが、中には敏感肌でシャンプーが合わない人や、頭皮の肌質と合わずに脂漏性湿疹やニキビなどができる人もあります。

 

問題はこういった症状がある人たちです。

こういった症状を放っておくと頭皮の環境が悪く、抜け毛や薄毛の原因になります。

髪の健康は頭皮から考えるのが基本なので、頭皮を健康に維持するためにもシャンプーの選び方を3つご紹介します。

今ちょうどシャンプーを探している人も、頭皮トラブルにお悩みの人も、これからシャンプーを探す人もぜひ参考にしてみてください。

シャンプー選び3つの方法

  1. 簡単で確実なのは、行きつけ美容室の担当美容師に聞く。
  2. 自分の髪質や頭皮の質をセルフチェックしてから探す。
  3. ネット検索と口コミ評価を参考にして探す。

どの方法で探すにしても「髪質」「肌質」「ダメージレベル」を正確に把握することが、正しいシャンプーに出会うために大切な要素になります。

よくわからない場合は美容室に行った時に、美容師さんに尋ねてみましょう。

美容師さんに聞く

「髪質」「肌質」「ダメージレベル」を的確に判断できるのは、たくさんのお客様と接している美容師さんだと思います。

よく自己判断を間違ってシャンプーを使っている人を見かけます。

「くせ毛だからくせ毛用シャンプーがいいだろう」

と皮脂が多いタイプの頭皮に、油分たっぷりの重たいシャンプーを使ってる人がいます。

こういった場合、髪はどんどんベタついていくので、良い質感には仕上がりません。

頭が臭くなったり、最悪抜け毛につながることもあります。

そういう間違えたシャンプーを選んでしまわないためにも、身近で一番詳しい人にアドバイスをもらうのが近道になります。

自分の髪質や頭皮の肌質だけでも知っておくと、後で自分で探す際にやりやすい、間違いにくくなるので、そこだけでも聞いておいてメモっておくと何かと便利です。

「セルフチェック⇒ シャンプーを検索」の順番で探す

いきなりシャンプーを探さずに、まずセルフチェックして現状を正確に把握してから最適なシャンプーを探すと、シャンプー選びの失敗を減らすことができます。

セルフチェックの方法

  • 500円玉を使ったチェック方法
  • 頭皮の診断サイトを使う

頭皮の皮脂の量とおでこの皮脂の量は、ほぼ一緒といわれています。

500円玉をおでこに貼り付けてどれぐらいで落ちるか、そのスピードで皮脂の量を測る方法があるのでご説明します。

 

500円玉皮脂量チェックの方法

  1. おでこをタオルなどで軽くふいて上を向きます。
  2. おでこに500円玉を乗せます。
  3. 真正面を向くようにゆっくりと下を向き、真正面の状態から500円玉を何秒間キープできるかカウントします。

 

何秒間キープできたかで肌質をチェック

  • 乾燥肌: 3秒以下
  • 普通肌: 約3秒
  • 脂性肌: 3秒以上

 

頭皮タイプを診断サイトでチェック

スカルプシャンプーで有名な「スカルプD」が頭皮診断を行ってくれるページを開設しています。

質問に答えるだけで簡単に自分の頭皮の肌質を知ることができるので、こういったサイトを使ってみるのもいいですね。

⇒ スカルプDの頭皮診断ページ

 

髪のダメージレベルを自己診断

  • 髪をとかす際にクシが引っかかりやすい。
  • 髪がまとまらない、広がる。
  • 髪が乾燥している。パサつきやすい。
  • 枝毛や切れ毛がある。
  • 髪にツヤがない。
  • 洗い流さないトリートメントがないと髪がもつれる。
  • ヘアカラーとパーマ両方している。
  • カラーリングの間隔が短い。白髪が気になるので頻繁にカラーする。
  • ホットカーラー、コテ、アイロンをよく使う。
  • ヘアスタイルは軽い仕上がりが好き。スキバサミで軽くしている。

該当する項目が多いほど髪がダメージしていることになります。

ダメージヘア用シャンプーを探す際は、この項目を参考にどれぐらいのダメージケアが必要か考えてみてください。

ネット検索と口コミを参考にシャンプーを探す

まず美容師に「髪質」「頭皮の肌質」「ダメージレベル」などのアドバイスをもらっている際は、その情報も参考にします。

上記のセルフチェック・自己診断項目ができているならその情報も参考にします。

ここまでくると現状把握できていると思うので、次にネットで検索し、気になったサイトをチェックします。

 

検索する際は「シャンプー、◯◯(悩み)、おすすめ」などのキーワードで検索すると、求める情報にたどりつきやすいと思います。

例えば、

「シャンプー、フケ、おすすめ」
「シャンプー、ボリューム、おすすめ」
「シャンプー、しっとり、おすすめ」
「シャンプー、スッキリ、おすすめ」
「シャンプー、ダメージヘア、おすすめ」
「シャンプー、皮脂過剰、おすすめ」
「シャンプー、くせ毛、おすすめ」

検索結果に出てくるの中の気になるサイトをチェックします。

その中で気になるシャンプーを見つけます。

そのシャンプーの口コミ・評価を「Amazonの口コミ」「@コスメ」などのサイトでチェックします。

レビューや口コミ・評価に満足いくのなら購入します。

といった流れになります。

 

⇒ Amazon で口コミ・評価を調べる場合はこちら。

⇒ @コスメで口コミ・評価を調べる場合はこちら。

 

この方法は「髪質」「頭皮の肌質」「ダメージレベル」をまず把握して、その上で他人の客観的な意見を取り入れることでさらにフィルターをかけています。

二重のフィルターがかかっているので大きく失敗する確率はぐっと減らすことができます。

まとめ

シャンプー選びは現状把握をしっかりした上で、お悩みに対応するものを選ぶようにすると、失敗する確率はぐっと減らすことができます。

シャンプーの使用感や香りも購入する際の選考基準にはなりますが、頭皮の肌質に合っているかどうかは意識しておきたいポイントです。

健康な髪が生えてくるためには、土台である頭皮の健康がとても大切です。

髪質・肌質に合わせたシャンプーでヘアサイクルの好循環を手に入れましょう。

 

 

フケ・カユミに悩んだら、こちらのシャンプーをチェック!

⇒ フケ・カユミ 予防シャンプー(症状がひどくない人)

⇒ フケ・カユミ 対策シャンプー(症状が続く人用)

 

関連記事